所属・役職

国立研究開発法人産業技術総合研究所
インダストリアルCPS研究センター
オートメーション研究チーム
研究員

学歴

2015年3月 名古屋大学 工学部 機械・航空工学科 卒業
2017年3月 名古屋大学大学院 工学研究科 マイクロ・ナノシステム工学専攻 博士課程前期課程 修了
2020年3月 名古屋大学大学院 工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 博士課程後期課程 修了

学位

博士(工学)(名古屋大学)

職歴

2020年4月〜10月 名古屋大学大学院 工学研究科 特任助教
2020年11月〜2022年3月 ミュンヘン工科大学 ポスドク
2022年4月〜現在 産業技術総合研究所 研究員

受賞歴

2017年12月 優秀講演賞 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会
2020年6月 2019 Best Paper Award Honorable Mention IEEE Robotic and Automation Letters
2020年12月 優秀講演賞 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会
2023年3月 2022年度奨励賞(研究) 日本機械学会

助成金・奨学金

[1] 若手研究者海外挑戦プログラム,日本学術振興会, 120万円, 2018.4.8-2019.3.29
[2] Short-Term Research Grants, Deutscher Akademischer Austauschdienst (ドイツ学術交流会), 7,200 Euro, 2021.10.1-2022.3.31

文献リスト

[Google Scholar]

学術論文

[1] Shunki Itadera, Emmanuel Dean-Leon, Jun Nakanishi, Yasuhisa Hasegawa, and Gordon Cheng, “Predictive Optimization of Assistive Force in Admittance Control-based Physical Interaction for Robotic Gait Assistance,” IEEE Robotics and Automation Letters, vol. 4, issue 4, pp. 3609-3616, 2019
[2] Shunki Itadera, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, Kenta Aimoto, Kenji Kato, and Izumi Kondo, “A Clinical Pilot Study on Posture Stabilization via Light Contact with Cane-type Companion Robot,” ROBOMECH Journal, vol. 6, 17, 2019
[3] Shunki Itadera, Jun Nakanishi, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Masanori Tanimoto, and Izumi Kondo, “Admittance Control based Robotic Clinical Gait Training with Physiological Cost Evaluation,”Robotics and Autonomous Systems, vol. 123, 2020
[4] Jun Nakanishi, Shunki Itadera, Tadayoshi Aoyama, and Yasuhisa Hasegawa, “Towards the Development of an Intuitive Teleoperation System for Human Support Robot using a VR Device”, Advanced Robotics, vol.34, 19, pp.1239-1253, 2020
[5] Shunki Itadera, Taisuke Kobayashi, Jun Nakanishi, Tadayoshi Aoyama, and Yasuhisa Hasegawa, “Towards Physical Interaction-based Sequential Mobility Assistance using Latent Generative Model of Movement State,” Advanced Robotics, vol. 35, 1, pp. 64-79, 2021
[6] Shunki Itadera and Gordon Cheng, “In-Hand Admittance Controller for a Robotic Assistive Walker Based on Tactile Grasping Feedback,” IEEE Robotics and Automation Letters, vol. 7, issue 4, 2022
[7] Enrique Coronado, Shunki Itadera and Ixchel G. Ramirez-Alpizar, “Integrating Virtual, Mixed and Augmented Reality to Human-Robot Interaction Applications using Game Engines: A Brief Review of Accessible Software Tools and Frameworks,” Applied Science, vol. 13, no. 3, 2023.

国際会議プロシーディングス

[1] Shotaro Nakagawa, Shunki Itadera, Yasuhisa Hasegawa, Kosuke Sekiyama, Toshio Fukuda, Pei Di, Jian Huang, and Qiang Huang, “Virtual Friction Model for Control of Cane Robot,” IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, pp.128-133, 2015
[2] Shunki Itadera, Takahiro Watanabe, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Masanori Tanimoto, and Izumi Kondo, “Coordinated Movement Algorithm for Accompanying Cane Robot,” IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, 2016
[3] Shunki Itadera, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Masanori Tanimoto, and Izumi Kondo, “Adaptive Walking Load Control for Training Physical Strength Using Cane-type Robot,” IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.521-526, 2017
[4] Maika Ando, Jotaro Chiba, Shunki Itadera, Jun Nakanishi, Tadayoshi Aoyama, and Yasuhisa Hasegawa, “Experimental Evaluation of Haptic Visualization Interface for Robot Teleoperation Using Onomatopoeia in a Haptic Recognition Task”, IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, 2018
[5] Shunki Itadera, Taisuke Kobayashi, Jun Nakanishi, Tadayoshi Aoyama, and Yasuhisa Hasegawa, “Impedance Control based Assistive Mobility Aid through Online Classification of User's State,” IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 243-248, 2019
[6] Shunki Itadera and Gordon Cheng, “Admittance Model Optimization for Gait Balance Assistance of a Robotic Walker: Passive Model-based Mechanical Assessment,” IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 7014-7020, 2022

国内会議予稿

[1] 板寺駿輝,長谷川泰久,福田敏男,谷本正智,近藤和泉,「杖型歩行補助ロボットを用いた歩行臨床訓練における体力増進評価」, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2015
[2] 板寺駿輝,長谷川泰久,福田敏男,谷本正智,近藤和泉,「同伴型杖ロボットの協調移動アルゴリズム」,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016
[3] 板寺駿輝,渡邊貴弘,長谷川泰久,福田敏男,谷本正智,近藤和泉,「重心動揺抑制により安全・安心な歩行訓練を支援する同伴型杖ロボット」, 第34回日本ロボット学会学術講演会, 2016
[4] 板寺駿輝,長谷川泰久,福田敏男,谷本正智,近藤和泉,「杖ロボットによる歩行負荷の適応的制御アルゴリズム」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2017
[5] 板寺駿輝,北川陽三,長谷川泰久,福田敏男,谷本正智,近藤和泉,「IMUセンサによる歩行状態推定に基づく歩行者同伴移動制御」, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会, 2017
[6] 板寺駿輝,小林泰介,中西淳,青山忠義,長谷川泰久,「生活支援ロボットによる移動動作補助を目的とした状態遷移推定」, 第18 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017
[7] 千葉丈太郎,板寺駿輝,中西淳,青山忠義,長谷川泰久,「オノマトペを利用した人とロボットの距離感を近づける操作インターフェース」,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2018
[8] 板寺駿輝,北川陽三,青山忠義,中西淳,長谷川泰久,福田敏男,相本啓太,谷本正智,近藤和泉,「ライトタッチ効果に基づいた同伴型杖ロボットによる重心動揺抑制 -トレッドミル歩行におけるライトタッチ効果の検証-」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2018
[9] 板寺駿輝,小林泰介,中西淳,青山忠義,長谷川泰久,「身体的インタラクションを伴う移動支援を目的とした動作状態推定に基づくインピーダンス制御」, 第37回日本ロボット学会学術講演会, 2019
[10] 中西淳,板寺駿輝,青山忠義,長谷川泰久,「VRデバイスを用いた生活支援ロボットHSRの遠隔操作システムの構築」,第37回日本ロボット学会学術講演会, 2019
[11] Lotfi El Hafi, Shigemichi Matsuzaki, Shunki Itadera, Takashi Yamamoto,“Deployment of a Containerized Software Development Environment for Human Support Robots,” 第37回日本ロボット学会学術講演会, 2019
[12] 山本佳和,板寺駿輝,青山忠義,長谷川泰久,相本啓太,加藤健治,近藤和泉,「常時ライトタッチ可能とする自律同伴型杖ロボットの旋回動作時における同伴性能向上」,日本機械学会 2019年度年次大会, 2019
[13] 安藤舞香,板寺駿輝,中西淳,青山忠義,長谷川泰久,「ロボット遠隔操作におけるオノマトペ視覚提示を用いた衝突回避動作支援システムの提案」, 第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2019
[14] 板寺駿輝,小林泰介,中西淳,青山忠義,長谷川泰久,「潜在的動作状態生成モデルに基づいた身体的インタラクションを伴う包括的移動支援」, 第25回ロボティクスシンポジア, 2020
[15] 藤中翼,板寺駿輝,青山忠義,中西淳,長谷川泰久,「遠隔操作における一般物体認識及びビジュアルフィードバック制御による把持アプローチ支援」,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2020
[16] 板寺駿輝,安藤舞香,青山忠義,中西淳,長谷川泰久,「遠隔マニピュレーションにおける自律衝突回避時の触覚オノマトペ提示」, 第38回日本ロボット学会学術講演会, 2020
[17] 杉浦宗次郎,長谷川泰久,板寺駿輝,青山忠義,「支持基底面を拡張する立ち膝姿勢および移行動作支援機器の試作・効果検証」, 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2020
[18] 板寺駿輝,堂前幸康,「生産性を考慮した優先度選択法に基づく自律・遠隔ロボット衝突回避計画」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2023,1A1-D10,2023年
[19] 板寺駿輝,「人機械協調システム構築を支援するオープンパッケージOpenHRCの開発」,第41回日本ロボット学会学術講演会,1I4-02,2023年.
[20] Floris Erich, Koshi Makihara, Abdullah Mustafa, Shunki Itadera, Yukiyasu Domae, "A survey of spatial language embeddings for application in a convenience store," 第41回日本ロボット学会学術講演会,2K3-04,2023年.

招待講演

[1] 「支援性・操作性・訓練性を両立する物理的インタラクション研究」日本機械学会 若手の会 第7回オンライン若手技術者交流会 2023/12/13

解説

[1] 福田敏男,長谷川泰久,板寺駿輝, 「特集:ジェロンテクノロジー─高齢社会にいきる科学技術・システム─Seminar 3.杖型歩行補助ロボット」, Geriatric Medicine (老年医学) 3 月号, Vol.55, No.3, 2017

特許出願

[1] 長谷川泰久,中西淳,板寺駿輝,千葉丈太郎,齋藤史倫「力覚視覚化装置、ロボットおよび力覚視覚化プログラム」,特願2018-104785

学会活動

[1] 日本ロボット学会 論文査読小委員会委員 2022-2023年度
[2] 日本ロボット学会 会誌編集委員会委員 2023-2024年度
[3] 日本ロボット学会 国際委員会委員 2023-2024年度